今すぐ治したい!! 解き放たれたい二日酔いに効く対策これだけ

昨日は楽しい飲み会。でも起きてみたら「頭は痛い」、「身体はだるい」、「胃がもたれている」なんてことたまには、ありますよね。

せっかくの休みを二日酔いで1日を無駄にするのももったいない!仕事に集中できないのはやだ!ということで、今回は、二日酔いに効く、二日酔いの治し方を徹底解説したいと思います。

大学生や社会人になると自然に飲み会の回数は増え、お酒と向き合う場面も多くあると思います。
なので、そもそも二日酔いになる原因を抑えておくのも今後を考えるといいと思います。
まずは、二日酔いの原因を説明しようと思います。

<スポンサードリンク>

そもそも二日酔いの原因とは

ひとつめは、よく名前を効く「アセトアルデヒド」です。

お酒を体内に入れると、肝臓が解毒作用として、アルコールを分解します。そして、アルコールは分解されると「アセトアルデヒド」という物体に変わります。アルコールを摂取しすぎると、体内の「アセトアルデヒド」の量が許容範囲を超え、二日酔いになると決まって起きる吐き気や頭痛、気だるさにつながっています

二つめは、「脱水症状」です。

よく聞く話ですが、アルコールはアルコール自体に利尿作用があます。また、アルコールを分解するのにもかなりの水分を使用します。さらに、おつまみは基本的に濃いめの味付けのものが多く、このおつまみを排泄するためにも多量の水分を使用します。

つまり、飲みすぎた後は脱水症状になりやすく、この脱水症状が結果として、「気だるさ」や「頭痛」という二日酔いによくある症状を引き起こしています。

では、二日酔いになってしまったら、具体的にどのような対応をすればいいのかを説明していきたいと思います。

<スポンサードリンク>


二日酔いの治し方

ここでは、具体的な二日酔いに効く対策や、二日酔いの治し方を解説していきたいと思います。

頭痛がひどい場合

二日酔いで頭痛がひどい原因は、「アセトアルデヒド」、「脱水症状」のどちらも原因として考えられますが、どちらの場合も対策としては同じで、適量の水分を摂取するということです。「脱水症状」になった身体に水分を摂取し、アセトアルデヒドを排出し、体内のアセトアルデヒドの濃度を下げることが大切です
水分摂取には、スポーツドリンク等多少の糖分と塩分が入っているものがおすすめです。

また、アルコールには、血管を広げる作用もあるため、脳の血管が圧迫され頭痛を引き起こすこともあるみたいです。そのため、「冷えピタ」などで血管を縮小させることも頭痛を軽くするには最適かもしれません。

吐き気がひどい場合

こちらは、基本的に胃薬など薬で解決することが最適みたいです。実際に病院に行くことが一番近道かもしれません。二日酔いには、基本的に水分は問題ないので、適度な水分を摂取してつらくない体制でいることも大切です。

胃が荒れている場合

胃が荒れていて、食欲がない、胃がムカムカするなんてこともありますよね。
こんな時は無理に脂っこいものなどをとることはやめて、胃に優しいものを食べるようにしましょう。食べものがきつければ、スポーツドリンクなどを摂取し回復を待つでも全く問題ありません。

食事中、飲み会中にできる二日酔い対策

二日酔いに効く対策や、二日酔いの治し方について散々語ってきましたが、やっぱり二日酔いにならないことが一番ですよね。
なので、避けられない飲み会やつい飲み過ぎてしまう楽しい飲み会でできる二日酔い対策について説明していきたいと思います。

基本的に、食事中や飲み会中にできる二日酔い対策としては、2点あります。

一つ目は、「チェイサーを定期的に飲む」ことです。

水などのチェイサーと一緒に飲むことで、体内のアルコール濃度が薄まり、二日酔いになるリスク、脱水症状になるリスクを下げてくれます。水分を気持ち多めにとることで体内に吸収される前に尿として排出されるアルコールを増やす効果も期待できるかもしません。

二つ目は、「空きっ腹ではお酒を飲まない」ことです。

体感されたことのある方も多いかと思いますが、空きっ腹にお酒はわりと危険だと言われています。
アルコールは、胃や腸からも吸収されますが、食事をあらかじめとっておくことで、急激にアルコールだけが吸収されるということを防ぐことができます。食事に含まれる水分で体内のアルコール濃度を下げる効果も期待できるので、アルコールは適度な量を適度な食事と一緒にとることを心がけましょう。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA