【Azure】Azureの仮想マシンにsshで接続する方法を徹底解説

AzureのLinux仮想マシンにsshで接続する、したいってことは往々にしてあると思います。

今回は、AzureのLinux仮想マシンへsshの接続設定を紹介したいと思います。

今回はmacから接続しましたが、Linux環境からの接続もこの手順で問題なくいけます。

大まかな手順は、下記の通りです。
①クライアントでキーペアの作成
②Azureポータルで、公開鍵を設定した仮想マシンを作成
③クライアントでsshの接続設定を実施
④パーミッションの変更
⑤接続

それでは、詳細な手順を紹介していきたいと思います。

<スポンサードリンク>

クライアントでキーペアの作成

まずは、ssh接続の公開鍵暗号方式で必要となる、キーペアの作成をクライアント側で行います。

キーペアの作成は、下記のコマンドで行います。

コマンドの実行は、基本的にどこのディレクトリでもできますが、どのユーザーでもアクセスできるディレクトリに鍵を置くのは怖いため、~/.ssh/の下でコマンドを実行するのがおすすめです。

鍵生成のコマンドを実行すると、対話式で、ファイル名とパスワードを設定できます。

初めに鍵の名前を聞かれます。デフォルトだと、効果鍵が「id_rsa.pub」、秘密鍵が「id_rsa」という名前で作成されます。

次に、パスワード決めれます。不要な場合は空でEnter押していただければ大丈夫です。

これで、キーペアの作成は、終了です。

Azureポータルで、公開鍵を設定した仮想マシンを作成

先ほど、作成した公開鍵を含めた、Linuxの仮想マシンをAzureポータルから作成します。

AzureでLinuxの仮想マシンを作成するときには、仮想マシンへの認証方法がパスワード認証かSSH公開キーか選ぶことができます。ここでは、「SSH公開キー」を選択します。

公開鍵の入力フォームには、先ほど作成した公開鍵を入力します。
1点注意点です。
先ほど作成した、id_rsa.pubの中身を見るとこのような文字列になっていると思います。
仮想マシンを作る際の公開キーに入力するのは、user名を除く(下記の例だとtest_user)部分です。

user名を除く公開キーを入力フォームに入力し、OKを選択

 

仮想マシンのサイズなどを決定し、設定ブレードで、パブリックIPアドレスを選択。

パブリックIPアドレスの設定ブレードで、適当な名前を入力し、割り当てを「静的」に変更

※他の設定は必要に応じて変更してください。

これで仮想マシンの作成も完了です。

<スポンサードリンク>


クライアントでsshの接続設定を実施

次のクライアントからssh接続設定を行います。

編集するファイルは、~/.ssh/configです。なければ作成してください。
上記のファルダに下記内容を設定します。(Proxy経由で接続する場合は、もう少し設定が必要です。)

設定内容を簡単に説明すると、下記の通りです。

  内容 備考
Host 接続するコマンド利用時に指定する名前 接続設定後 「ssh “Hostに設定した名前”」 コマンドで接続することができます。
HostName 接続する仮想マシンのパブリックIPアドレス  
User 接続するユーザー 仮想マシン作成時に設定したユーザー
IdentityFile 秘密鍵のファイルのパス  

 

これで接続情報のファイルの編集は完了です。

パーミッションの変更

最後にパーミッションを変更する必要があります。

秘密鍵を置くディレクトリが誰でもアクセスできると、セキュリティ上よくないため警告がでるためです。

下記コマンドで~/.sshディレクトリのパーミッションを変更します。

自前のサーバーにアクセスする場合、アクセス先のパーミッションも変更する必要がありますが、Azureで作る場合は、自動でやってくれます

これで、ssh接続設定は完了です。

ssh ホスト名というコマンドでssh接続できます。

初めての接続だと下記のように質問されますがyesで大丈夫です。

これで接続できたと思います。

もしよろしければ、フォロー、他の記事もよろしくお願いいたします(.. )//

関連

【Azure】peering接続を試してみた たった3STEP !!

Azure Linuxの仮想マシンをデプロイする方法を徹底解説

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA