Ethereum プライベートネットワークでgeth起動時にnodeを自動接続する方法

gethの起動時に自動でnodeを接続させることができます。

今回は、gethを起動するタイミングで全てのnodeを自動的に接続する方法を徹底解説しようと思います。

自動接続に必要なのはたった3ステップです。

<スポンサードリンク>

設定ファイルを作成

まず、全てのnodeのデータディレクトリに、static-nodes.jsonというファイルを作成します。

% touch /path/to/data/dir/static-nodes.json

 

各nodeの接続情報を確認

gethのコンソール画面で下記のコマンドを入力し、接続情報を確認します。

> admin.nodeinfo.enode
"enode://307276d0a28c0fe5c3a672f8e6658b9692d2f59a33456a9d51b10f50c06c5aab00d6cf2862089f2ec29a74df828a262f60c559506b0debef988c72eb9d0872d1@[::]:30303"

コマンドを入力して返ってきた、(”enode://<publickey_of_node>@<ip>:<port>”)が接続情報です。
port番号は、defaultで30303になっています。
IPアドレスは、各サーバーのIPアドレスに随時変換してください。

各nodeの設定ファイルに、自分が接続するnodeの接続情報を記載

先ほど作成した、static-node.jsonに、自分が接続するnodeの接続情報を記載します。
サンプルは、下記の通りです。

[
    "enode://07276d0a28c0fe5c3a672f8e6658b9692d2f59a3345.......(省略)@xx.xx.xx.xx:30303",
    "enode://0c06c5aab00d6cf2862089f2ec29a74df828a262f60.......(省略)@xx.xx.xx.xx:30303" 
     ...(以下、接続したいノード分記載)
]

 

以上でgeth起動時のnodeの自動接続設定は、完了です。

関連

Ethereum Solidityの最強の開発環境を構築 これだけ!

【solidity】業務ロジックとデータロジックを分断するコントラクト設計

【初心者向け】solidity基礎 modifierの使い方を徹底解説

【初心者向け】Solidity 外部コントラクトの呼び出し方法を徹底解説

Solidity(Remix)とgitを連携させ、Ethereumの開発をする

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA