シェルスクリプトのif文の書き方を徹底解説

シェルスクリプトのif文の書き方

文字列比較

・シェルスクリプト

#!/bin/sh

str1="A"
str2="a"
str3="A"

if [ $str1 = $str2 ]; then
  echo "1と2は同じだよ!!"
elif [ $str1 = $str3 ]; then
  echo "1と3は同じ!!"
else
  echo "1と同じ文字はないよ!!"
fi

・実行結果

1と3は同じ!!

 

> < (大なり小なり)で数値比較

・シェルスクリプト

#!/bin/sh

#########################
######  > -gt (greater than or equal)
#########################

integer1=1
integer2=2


if [ $integer1 -gt $integer2 ] ; then
  echo "integer2はinteger1より大きい"
else
  echo "integer2はinteger1以下"
fi

#########################
######  < - le (less than equal)
#########################

integer3=3
integer4=4

if [ $integer3 -lt $integer4 ] ; then
  echo "integer3はinteger4より小さい"
else
  echo "integer3はinteger4以上"
fi

 

・実行結果

integer2はinteger1以下
integer3はinteger4より小さい

 

ファイルの存在確認

・シェルスクリプト

#!/bin/sh

file_name="test.sh"

if [ -f $file_name ] ; then
  echo "あるよ!"
else
  echo "ないよ!"
fi

・実行結果

あるよ!

参考

【実行方法から】シェルスクリプトの文法を徹底解説

10分で、Bitbucketでgitと連携したリポジトリを構築する

シェルスクリプトで変数と文字列を結合する

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA