gitでソースコードの管理ができる「BitBucket」の使い方を徹底解説

最近では「git」でソースコードを管理するプロジェクトも多くなってきた。
 
今回はそんなgitサービスの中でも、「bitbucket」の使い方について徹底的に紹介していきたいと思います。
 
 

<スポンサードリンク>

なぜ「Bitbucket」か

「github」などのサービスがある中「Bitbucket」を使う大きなメリットは下記の2つ。

・プライベートなリポジトリなリポジトリを無料で作れる
・開発に関するちょっとした共有事項を共有するサービスが用意されている
「Bitbucket」は、6人までならチームで作成するプロジェクトを何個でも無料で作れる。
7人以上でも月額10ドルとそこまで高くない値段で、BitBucketを導入して上がる効率を考えたらかなり安い。

なにか少人数でシステムを作りたい、けどソースコードは、外部に公開したくないし、お金もかけたくないって方にはおすすめ。

 

<スポンサードリンク>


「Bitbucket」で使えるサービス


「Bitbucket」では下記のようなサービスが使える。

・ソースコード、コミット、ブランチの管理
・プルリクエストの作成
・wiki
・README
・課題の共有

 

ソースコード


ブランチごとにソースコードの閲覧が可能


コミット

ブランチごとにコミット履歴の閲覧が可能


ブランチ


ブランチ一覧の閲覧が可能

  

プルリスエスト

自分の作業ブランチにした編集をmasterブランチに取り込んで欲しいときに、プルリクエストを作成し、みんなにレビューしてもらうことができる。複数人での開発には必須


wiki

プロジェクトで共有したい情報を、記述し、みんなで閲覧ができる。プロジェクトの概要や使うツールについて書く人が多いイメージ


README

開発環境構築の流れや、概要を記述でき、プロジェクトメンバーで閲覧ができる。


課題


プロッジェクトを進めていく上での課題を書いていく、newなどのステータスも付与できかなり便利

 

まとめ

 
個人的なプロジェクトも、少人数のプロジェクトもgitで行いたい!て人にはかなりおすすめ。
sourse treeなどのGUIへのリンクなどもあり、かなり快適に開発作業ができる。

参考

【実行方法から】シェルスクリプトの文法を徹底解説

10分で、Bitbucketでgitと連携したリポジトリを構築する

シェルスクリプトで変数と文字列を結合する

 

よろしければフォロー、お気に入り、他の記事もお願いいたします(.. )//


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA