iDの得する使い方、他電子マネーとの違いとは 

iDってなに?Edyとかとなにが違うの?って方結構多いと思います。
今回はiDについて、メリットや使い方他の電子マネーとの違いを徹底的に紹介いたします。

私自身電子マネーは基本的にiDを利用していますが、iDはものすごく便利で、もちろん利用額にもよりますが、iDを使えるお店でのお会計を現金から、iDに変えるだけで、年間⚪︎万円お得になったりします。
働かないでお得になるのだから、これはかなりのメリットですよね。

まだまだコンビニやガストなどのファミレスでも、現金を利用している方たくさんいますよね。

電子マネーをうまく使って「お得に暮らしたい」、「節約したい」という方は是非じっくり読んでください。

そもそもiDとは

そもそもiDとは??って方も多いと思うので、iDについて軽く紹介したいと思います。

iDとは、三井住友カードとNTTDoCoMoが共同開発した電子マネーの一つです。最近では、ApplePayや、お財布携帯にも対応しており、iDの加盟店でお支払いの際に店員に「iDでお願いします。」といい、iDを登録したiPhone、AndroidやiDが付帯しているクレジットカードをICカードリーダーにかざすだけでお会計ができます。
お会計がほんの数秒で済み、小銭を出す作業やしまう作業、ましてや財布を出す必要すらなくなってきました。

では、iDにどんなメリットがあるのか、どこで使えるのか、どのクレジットカードについているのかを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


 


iDのメリット

私が普段iDを使っていて感じるメリットが2個ほどあるので、紹介していこうと思います。もしちょっとiDなどの電子マネーが気になっている方はぜひじっくり読んでください。

1,お会計が数秒で済む
そもそもiDとは?でも紹介しましたが、iPhone、AndroidやiDが付帯しているクレジットカードをICカードリーダーにかざすだけでお会計ができ、お会計がほんの数秒で済みます。小銭を計算する、財布を取り出すなどのわずらわしい動作が一切なくなりスマートなお買い物ができるようになります。


2,ポイントが貯まる、チャージの必要がない

iDとEdyやwaon、nanacoとの大きな違いは、初めにお金を入金(チャージ)して使う、プリペイドカードではないことです。残高不足で支払いができないなんてこともありません。iDのご利用料金は、お持ちのiDが付帯しているクレジットカードの料金に加算されていきます。したがって、普通のクレジットカード利用と同様にポイントが貯まる仕組みになっています。

今まで、現金で払ってきたコンビニや、ファミレスの料金でポイントが貯まるなんてお得ですよね。ちなみにコンビニ等の支払いをiDに変えるだけで、どのくらいのポイントが貯まるか紹介したいと思います。私の先月のコンビニ、ファミレス等のiDの利用料金(15.000円)を例に考えると、一般的なクレジットカード(1.000円で1ポイント)だと、年間で1800ポイントにもなります。ポイントは大体1ポイント5円程度でキャッシュバックや他のポイントに移行できるので、年間で9.000円ほどのお得が得られるようになります。

現金からiDに変えるだけで、働かずにお得になるんだから大きいですよね。

スポンサードリンク



iDってどこで使えるの?

iDが使えるお店も最近は増えてきました。コンビニや服屋、イトーヨーカドーやファミレスなど様々です。お店の前などにVISAなどのマークとともにiDのマークが書いてあれば、iDは利用できます。それでは、現在どのお店でiDが利用出来るのかを紹介していきたいと思います。

・コンビニ
(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンストア100、ローソンマートなど)

・大型スーパー
(イトーヨーカドー、イオングループ、ダイソー、ドン・キホーテ、サミット、平和堂など)

・飲食店
(マクドナルド、ガスト・バーミヤン・ジョナサン、すき家、CoCo壱番屋、プロント、コメダ珈琲店、海鮮三崎港、すし三崎丸、ステーキのどん、和民、白木屋、月の雫、東方見聞録、花の舞、笑笑、魚民、かっぱ寿司)

・家電量販店
(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ドコモショップ)

・薬局
(ツルハドラッグ、セイジョー、薬王堂、ドラッグセガミ、クスリのアオキ、くすりの福太郎)

など、多くのお店でiDを利用することができます。私自身iDを利用出来るお店は全てiDでお会計を済ませています。上記のお店以外にも使えるお店はどんどん増えていっているので、身の回りのお店のレジ等を見てみたら意外なお店で使えるかもしれません。


iDが付帯するクレジットカード

iDガ付帯するクレジットカードは、主に

・三井住友カード(三井住友カード公式サイト)
・dカード(dカード公式サイト)
・オリコカード(オリコカード公式サイト)

上記3社のクレジットカードなどに付帯できます。

クレジットカードを作りたい!iDがついてたらいいな!って方はぜひ参考にしてみてください。

よろしければフォロー、お気に入り、他にも様々な記事を挙げているのでお願いいたします(.. )//

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA